【激モテ】いい声の出し方:簡単7つの方法

女性をひきつけるいい声

【激モテ】いい声の出し方:簡単7つの方法を知って、かっこいい男になろう。

甲高い声や、か細い声より低い声に肉体的に引き付けられるのが女性。

声だけで男を好きになってしまう女性もいるのがこの世の中。

いい声の出し方を習得すれば、あなたの人生をより素晴らしいものになるでしょう。

 

Robbie Reynolds氏が教える、女を落とすために必要な自信にあふれた声を出すための7つの方法を紹介する。

簡単!1日10分でできる簡単なトレーニング

より魅力的な声にするための発声練習というのは、99%の男がやっていないことだ。

女を落とす上でどれだけ声が大切かを理解していない。

女性は力強い魅力的な声に引き付けられる。

そして、その魅力的な声は練習することによって身につけることができるのだ。

毎日か一日おきでもいいが、必ずたった10分のトレーニングをしよう。

少し練習すれば、それだけで自信に満ちたオーラを身にまとうことができる。

 

1、腹式呼吸

思いっきり息を吸って、数秒待とう。それから息を吐いてみて。

肩が上下をした?そうだとしたら、あなたの呼吸の仕方は間違っている。呼吸は胸でするのでなく、お腹でする。

そうすると、動くのはお腹だけになる。

腹式呼吸には2つの効果がある。

  1. 落ち着きがあり、威厳と自信を感じる声になる。
  2. 緊張を和らげる効果がある。

このことによって緊張する場面でも、落ち着いて受け答えをすることができる。

 

2、大きな声で話す

仰向けに寝て天井にとどくように声を出す練習をしてみよう。

自分では適切だと思っても、人にとっては声が小さく、弱弱しく聞こえることもしばしばある。

大きな声をだすことに抵抗がある人も考えてみてほしい。

もしも大きな会社の社長がスピーチをしたときにでかい声でしゃべりあげたとしても、それはうるさいというより自信に満ち溢れていると感じるだろう。

あなたも同じ印象を伝えることができる。

 

3、息を吐くタイミングでしゃべる

しゃべっているときにちゃんとした間で息を吸えていない人や、さらにしゃべっているときに息を吸っている人もいる。

息を吐くタイミングでしゃべること。これはとても重要だ。

なぜなら、人間の声帯は息を吐くときの空気を使って振動させることで声を出しているからだ。

逆のことをやったら、うまく発声できずに弱弱しい声になってしまう。

 

4、語尾のトーンは下げる

一つの文章をしゃべり終えるとき、語尾のトーンを下げて終わろう。

どういうことかといえば、質問をするときの語尾のトーンは上がって終わるだろう。

それの逆をしなさいということだ。これすることで相手は無意識にあなたの権威を感じ取る。

 

5、偉大なアーティストは盗む

ニュースキャスターや芸人のしゃべり方はとてもすばらしく、役に立つ。

彼らのしゃべり方や身振り手振り、そしてしゃべる時の間を盗もう。

テレビやYouTubeなどで彼らのやりかたを観察して自分のものにしよう。

 

6、会話のおならをやめる

「えー」、「あのー」、「んー」などといった会話のすきまを埋める言葉(会話のおなら)を使うのはやめよう。

会話のおならをすることによってどこか自信がなさそうに見えてしまう。

 

7、もごもごするな

もしも、もごもごしゃべっていてわからないと言われたことがあるならすぐにやめよう。

そのための方法は簡単だ。鏡の前にたち、口を横に大きく開きながらしゃべってみよう。

それだけで簡単に解消されるはずだ。

そして、口を横に大きく開いても、別におかしくともなんともないことに気づくだろう。

 

以上の7つを毎日か一日おきに10分でいいから意識してやってみよう。

そして、自分の声を録音して実際に聞いてみるといい。

そうすれば、自分の改善点、よくなったところがわかり、すぐに上達するだろう。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ