女性のデートへの誘い方:究極8ステップ

デートの誘い方

女性のデートへの誘い方:究極8ステップで完全攻略。

今回は海外のアマンテ氏の女を女性のデートへの誘い方をご紹介します。

あなたにとって最も役に立つ情報になるでしょう。

デートに誘いたいんだけど、今はまだ違うと思っていたら結局誘えず疎遠になって恋が終わった。

今日はそんな悩みを一発で解消しましょう。

 

14歳を少し過ぎたころ、初めて女の子をデートに誘った。校門の前にいた彼女のほうへ歩いていき、年末のスクールダンスに一緒に行こうと誘ったんだ。

彼女は学校で一番かわいくて、人気者だった。彼女は私をもて遊び、一年近く私を追いかけまわしてきた。

実際、彼女はすでに私にデートに行こうと私がいう6か月前に誘ってきたこともあった(びびってYESとは言えなかった)。

しかし、ついに私が彼女をデートに誘うと、私は断られ、彼女はどっかに行ってしまった。

彼女はまずは友達になりましょうといってきた。それは一緒にダンスへは行きませんということだとわかった。

なぜこんな話を紹介したのかと言えば、今日みんなに話したいのはどうやったら女性のデートへ誘い方ができるかということだ。

そして14歳の私はまったくもって間違っていた。

 

今すぐ使うべき3つの重要なコツ

今回、二つのセクションに分けてあなたが女へのデートの誘いを”YES”と言わせる方法を紹介する。

もし時間がないなら、まずは最初の重要な3つを読んでくれ。

そして、もっと情報が必要になったら残りも読んでくれればいい。

 

鉄は熱いうちに打て

これは私の最初に紹介した話からもはっきりと分かると思う。つまり、待ちすぎてしまったら、扉は閉じられる。

しかし、どれだけこれが男に起こるのかは重要ではない、みんなこんな失敗をするだろう。

私も長い間悩まされた。

もちろんそのミスは待ちすぎて、時すでに遅しになっていることだ。

言い換えれば、その辺に座って、完璧な時にいくんだと待ち続けているということだ。

そして、結局永遠に待ち続けて終わる。

なぜなら、完璧な時なんて絶対に来ないからだ。

 

どれだけあなたは人を好きになって、そして、完璧な時を待ち続けたことがある?

たぶん、しょっちゅうじゃないか?

もしも、あなたが学校時代の私みたいだったとしたら、その時を待ち続けてしまった経験をした女の子が1,2人いるんじゃないか?

そして、永遠にその時を待ち続けて終わってしまっただろう。

 

ここで新しいニュースだ。「女は永遠に待たない」。彼女たちはほかにも男がいて、競争率は激しいんだ。

これは待っていても、女をゲットすることなんてできないってことだ。

魅力なんて吐き出した息みたいなもので、女とどうにかならないかなと待っている時間が長くなればなるほど、女のあなたへの魅力は失くなっていく。

そして、あなたとなにかをするということはなくなるだろう。

 

これは今すぐに女性をデートに誘えってことだよ。あなたが彼女を好きになったとわかったらすぐに、デートに誘うんだ。

一か月後でも、一週間後でもダメだ。数日以内には誘うんだ。むしろ、彼女が好きってわかった瞬間に彼女をデートに誘うほうがいい。

あなたが彼女を誘うと決めた時から、あなたが彼女を実際に誘うまでの時間が短ければ短いほど、彼女が”YES”という確率は高くなる。

それは少し怖気づけさせてしまうだろう。特に彼女がマジでかわいくて、あなたがめちゃめちゃ惚れていたらな。

そしてたぶんあなたは考える。”NOと言われたらどうしよう”

 

しかし、別の考え方もある。”もしも彼女を誘うことさえできなかったらどうしよう”。

どれだけの日を、どれだけの夜を、彼女とのことを妄想したり、夢をみたり、彼女はどう思っているんだろうと思いながら、涙をぬぐって過ごすことだろう。

いつになればあなたは誘う?

 

なんでいますぐ誘うべきか教えよう

  • 彼女があなたをまだ受け入れてくれる時ならば、あなたが彼女をゲットできる可能性はかなり上がる。
  • あなたはいま、明確な答えを得ることができる。だから、彼女がどう思っているだろうと悩むことからおさらばできる。
  • 彼女のことを考えて時間を過ごす代わりに、”YES”がもらえればあなたは実際に彼女との時間を過ごすことが可能になる。
  • それはあなたに経験を与え、あなたを訓練してくれるので、より楽に楽に女と話したり、誘ったりすることができるようになる。

 

最悪、いますぐ無理やりあなたに、彼女をデートに誘わせたとしても世界が終わるわけじゃない。

最高なら、あなたは夢見た女と一緒に過ごすことができるんだ。

これって最高じゃない?

 

おおげさにするな

”お嬢様、私と卒業ダンスに付き添っていただけないでしょうか?”私はこんな風に言った。

最悪だ。私は死ぬほど真剣だったのだ。

そんな風にしてはいけない。

もしもそれが何百年も前だったら、形式を重んじて大げさにすることは相手が特別に感じる素晴らしい方法だったかもしれない。

しかし、いまじゃ、それは相手が重く感じるだけだ。

だれがそんな大それた幻想的なデートに誘われたいと思う?

 

現代ではデートはカジュアルなものだ。だれも形式ばった求愛なんてしない。

実際、女がフォーマルなデートに誘われたいと言っているのは20代も終わりで、どれだけワンナイトをしてしまったか、悪い男にはまってしまったかについて思い返し始めて、いまは紳士にエスコートされて、結婚をして、どんな生活をしようかと真剣に望みはじめた時だけだ。

あなたがどんなことを聞いているかは知らないが、女はフォーマルなデートなんて望んでない。

女は高級感があってロマンティックなデートだと考えるかもしれないが、フォーマルなデートでは彼女と寝ることはできない。

そして、あなたの恋人にも友達にもなってくれない。

フォーマルなデートなんてくそったれだ。

 

そしたら、あなたはどうすればいいかって?デートをシンプルにすればいい。あなたは淡々と軽いノリで彼女を誘えばいい。

例えば、

「あや、今週の予定どう?ご飯でも食べに行こうよ」

ドーン、ズドーン。いったん形式ばった感じがなくなったらそんな難しくない。

完璧はことを言おうとして自滅しちゃいけない。

ただ誘えばいいんだ。

 

空気を読む

もう一つの教えは青ざめた表情でデートに誘うなってことだ。もしくは、彼女がみんなと一緒にしゃべっている真っ最中も最悪だ。

そうじゃなくて、空気を読んで彼女を誘おう。

もしも、彼女を誘って、”YES”と言われる方法を知りたいのなら、これが絶対にすべてのキーになる。

彼女があなたとのトークを楽しんでいるときに彼女をデートに誘うんだ。

そしたら、彼女は”YES”というだろう。

 

経験のない男がやってしまう最悪のパターンはどれかだ

  • 青ざめて緊張した顔で誘う
  • 彼女がみんなと楽しくおしゃべりをしてる最中に誘う
  • YESかNOかはっきりするかのようにせまる

 

言い換えれば、彼女はこんな風に感じてる

  • いきなりだし、なんかぎこちない
  • まったく、話がつながらない場面でいってくる、ぎこちない

 

多くの男がびびってしまうのは驚くことじゃない。

いつも間違ったタイミングで、間違ったシチュエーションで誘ってしまっている!

 

まじめにある男があなたと話し始めた。

そしてしばらく話をしていたら、いきなり話をやめて、いきなりぎこちなくなりはじめた。

そしたらいきなり、”なあ、ご飯でも食べに行こうよ”と言われたら、あなたは”YES”と言うか?

 

もう一人の男と比べてみよう。

あなたと話し始めたその男はまるで懐かしい親友のように感じる。

そして、二人が楽しい会話で笑いあっているときに、彼が、”なあ、今週メシでも食いにいかないか?”という。

二人目の男にあなたは、”もちろん、いこうぜ!”というだろう。

 

なぜかって?それは空気を読んで提案してるからだよ。

男女の最大の違いは女は感情で動くということだ。

女は論理的にものごろを決めたりしない。

女は感情ですることを決めるんだ。

それに感情でものごとを決めない男だって、2番目の例の時だったら喜んで”YES”というし、1番目の例みたいだったら、なんか気持ち悪くて”NO”というだろ。

感情がキーだ。

 

どこが空気を読んだポイントか

  1. 彼女が笑っている
  2. 彼女が自分自身のことをたくさんしゃべっている
  3. 彼女があなたの服をはぎ取りたいような目つきであなたを見ている

こんな感じだ。もしも彼女があなたと話して笑っているなら、あなたと一緒にいて楽しいというかなりいい証拠だ。そして、彼女はあなたともっと時間を使って、楽しみたいということだ。彼女をデートに誘おう。

 

 ”YES”を手に入れるために役立つ5つのポイント

まだ、”できないよ”と言っている人のためにもう少し役立つポイントを紹介しよう。

 

デートはシンプルに

デートはあなたが彼女を知り、彼女があなたを知るためにある。

なのに、それを複雑な、すごいデートにしようとするのが問題だ。

面白くしようとしてあまりにもアクティブなデートは彼女にとってやりすぎになって、”NO”と言われる結果になるだろう。

それに彼女を知るためのデートなのに、パーティーやハイキングなんかに行った日にはちっともお互いを知れないという最悪の結果になる。

さらに、アクティブなデートに付き合ってくれる女はあなたには気がない確率が高い。

彼女は純粋にデートを楽しみたいだけで、あなたに興味はない。

なぜ、あなたに興味がある子は断るのかといえば、そんなデートであなたへの好意が消えてしまうのを求めていないからだ。

カフェなど二人の時間を楽しめる場所にデートに行こう

 

彼女にいつ都合がいいか言ってもらう

男らしさをだして、”水曜日の8時にしよう”なんていっても”ごめん、その日は無理”と言われて終わりだ。

シンプルに”いつ空いている?”と聞こう。

そっちのほうが簡単に彼女に”YES”といってもらえる。

 

あなたがすべてリードしてあげる

女は自分で決めるの好きじゃない。あなたにリードしてもらって、リラックスしていたいのだ。

初めてのデートの時は次の5Cを忘れるな

1、Cheap(安く)

2、Convenient(快適に)

3、Conversation(話をする)

4、Covert(ふたりっきりで)

5、Control(リードする)

男がデートに誘うときに緊張してしまう大きな要因はなにをしたらいいかわからないからだ。だから、これを頭に入れておけばだいぶ話は簡単になる。

 

”NO”と言われてもあきらめるな

あなたが”NO”と言われても、市場が壊れるわけでもないし、北極の氷が解けたりもしない。それにあなたがフラれた姿が世界中に放映されるわけでもない。

それに”NO”をそのまま額面通りに受け取る必要はない。

もし断られたとしても、あなたはそれを冗談ぽく”うわ、損してるぜ”なんていって”じゃあ、この話はなしだな”とでも言って笑えばいい。

そうしたら、彼女も笑ってこの話は流れる。そして、また一週間後に誘えばいい。

たぶん、彼女は”YES”というだろう。そうじゃなければ、また一週間後に誘えばいい。

”NO”といわれても動じないでいられるのは最も強力な魅力になる。

粘り強さは女にとってほかにはないほど強力な魅力なのだ。

粘り強さは報われる。”NO”をまじめにとるな。

 

”YES”といわれてもクールでいろ

”YES”といわれてうれしくて仕方がないだろうが、叫んだり、ぎこちなくなってもダメだ。その前と変わらない態度でいろ。

そして、彼女に”YES”をもらったあとも、何も起きなかったように話を続けろ。

 

これだけ読んだあなたは、もう十分に女性のデートへの誘い方を理解したはずだ。

あとは実践あるのみである。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ