【保存版】女の子に送るべきメールの内容【ベストガイド】

 

女の子に送るべきメールの内容と戦略女の子に送るべきメールの内容と戦略を知ることで、メール本来の力を得ることができる。

メールは女とコンタクトを取り続けられ、デートの前はおろか、しゃべる前から、信頼関係を築き、自分に興味を持たせることができる最高に楽しい方法だ。

あなたが気になる女性に間違ったメールをして、チャンスを無駄にするのは今日で終わりにしよう。

まずはメールの基礎からはじめて、するべきメールの内容を明らかにし、最後にメールの秘密を教えよう。

 

最小限の努力の法則

女性とのメールがうまくいかないと悩んでいるあなたはまず最小限の努力の法則を知ることから始めよう。

この法則はただ相手より労力を使うなということだ。

もしも相手よりもあなたが労力を使うようになれば、女はあなたのことをとるに足らない男と判断して捨てるだろう。

基本的な女の子に送るべきメールの内容の原則を教える。

メールの始まりにクエスチョンマークを使うな

女とメールを始めようとするときにいきなりメールの冒頭で

「今日、カフェでも行かない?」「どっかでかけない?」「昨日何してた?」

と送ったら女性はどう感じると思う?

女からしてみれば、あなたは座りこんで彼女のことをじっと考えながら、何かを求めてきているという風に受け取られる。

文章は短く、簡潔に

長文を相手に送るということは、あなたに労力をかける。

なにより女性がそれを読むのに労力を使うことになる。あなたのメールが負担になってしまうのだ。

メールは簡潔にしよう。そうすれば、より彼女の興味をひく可能性が高くなる。

文章はパーソナルに

他人行儀の冷めたメールをもらうのは誰も好きじゃない。

できるだけ彼女の名前か、さらにいいのがニックネームを使おう。

そして、できるだけふたりだけがわかる冗談もいれよう。

そうすれば、二人のつながりを思い出させることができ、彼女はあなたに優しくポジティブになれる。

女性は男が本当に好意を持っているのか意外に疑っているものなのだ。

クールでいろ。クレイジーになるな

メールでおかしな文章やいかにも相手を笑わせようとする文章を書くやつがよくいる。

女は笑うかもしれないが、パンツは乾いたままだ。

楽しく、クールで、相手の好奇心をくすぐるような男でいなければだめだ。

 

相手の心を刺激するためのポイント

相手の心を刺激するためのポイントを紹介しよう。

このポイントを理解すれば、女性からのメールの返信をもらえるだけでなく、さらに好意的なメールをもらえるだろう。

興味をそそらせる

あなたが話したいことをストレートに直接言うのではなく、相手がつい興味を持ってしまうような形でいう。

自分が伝えたい出来事をストレートに言ったとしたら、それはメールではなく報告だ。

明らかにリアクションを求めていますという感じがして嫌がられる。

たとえば、友達から電話が来て、「オレ今日ファッションショーいった」といわれても何が言いたいの?で終わりだ。

自己完結型のメールは絶対にやめよう。

「今日ファッションショーにいったんだけど、○○が好きなモデルいたよ。あの子本当に足細くてきれいだね!○○はなにしてた?」

といったように、相手をいかに巻き込むか、相手の興味がある話題を相手に振れるかがポイントだ。

俺たち(We)

「俺らって」、「俺たちは」などのように”WE”という代名詞を会話に使おう。

さらに、二人で一緒にしたこと、しようと思うことを話したりすればするほど、二人で何かをしようという状況を作れる。

そして結果、彼女の潜在意識の中で私たちはカップルなんだという気持ちを作ることができる。

イケナイ子でいさせてあげる

多くの女性は社会やまわりの男女にこうあるべきだと勝手に強要されているように感じている。

だから、彼女に、自由奔放な子供のような感覚を感じさせてあげることで、彼女はリラックスし、ストレスも解消できるだけでなく、自由と喜びを感じる。

理性的で完璧な女ではなく、ドジでバカな女の子を演じさせてあげよう。

おもしろいだけの人を回避する

おもしろおかしい(Funny)人ではなく、相手の好奇心をくすぐるような楽しい人でなければ、すぐに恋愛対象からはずされてしまう。

そのためには、最初のつかみで女性がうけるようなメールを送った後は、普通にメールをしろということだ。

そうすることで、おもしろい(interesting)人というカテゴリーでいられる。

 

 

メールをする目的

目的のないメールが最も最悪

女の子に送るべきメールの内容をさらに具体的にしていくためにメールをする目的を把握しよう。

なぜなら、それによってどうやってメールのやり取りや内容を組み立てていくかが決まるからだ。

メールを使って会話をしているほとんどの男はメールをすることに対してとてもいい加減な態度でのぞんでいる。

彼らは何の目的でメールをしているのかをよく知らずにメールをしているし、ときには何の目的すらもなくメールをしている人がいる。

なぜ方向性も目的もないメールからなにかが生まれるなんて期待するのかわからない。

しかし、メールの目的なんて考えたことがなかった人も大丈夫だ。あなたを正しい方向に導こう。

あなたはたった2つのどちらかの目的を持つだけだ。それがカブることは絶対にない。

  1. 信頼関係を築く
  2. 会うための約束をする

たった、それだけだ。

しかし、ほとんどの男は女とメールをするときに、的外れな誤った目的を持とうとする。

  • どうにかデートの約束ができないかと期待して、メールのやりとりをしながらさぐり続ける。

それは男がするメールのやり取りの中でも一番最低な方向性の欠如だ。

どっちつかずの迷路にはまってしまい、中途半端で、最低な文章を女に送ってしまう。

そして、女はその文章を見ると、「なんでこんなメールを私に送ってきたの?」と思われてしまう。

すべてに言えることだが、もしかしたらどうにか勝手にうまくいくかもしれないという奇跡を願うのはやめよう。

目をつぶって適当にバットを振ったらホームランを打てるなんてことはありえない。

目的を明確にする

話をもどそう。

あなたが女にメッセージを送った時に、彼女はあなたが信頼関係を築こうとしているのか、彼女を誘い出したいのかがすぐにわかる。

彼女の心にどちらかなんて疑問はない、完璧にわかってしまう。

だからこそ、適切なメールを女に送らなければいけないんだ。

目的がかぶることはないといったのは、あなたが複数の目的をもってメールをすれば、それはごちゃごちゃの汚いメールになってしまうからだ。

それはまさに、彼女と信頼関係を気付こうとしながら、もしかしたら、彼女をデートに誘えるんじゃないかと期待してしまっているときだ。

この罠に引っかかてはいけない。目的は別々に分けよう。

信頼関係を築こうとするか、会う約束をしようとするかどっちかだ。

すべきこととしてないけないことの例をいくつかあげよう

してはいけないこと

  • なんでもかんでもやろうとするな
  • 目的もないメールはするな
  • 長文を送るな
  • くどい文章を書くな

すべきこと

  • 目的を明確にしろ
  • あなたの目的に沿った文章にしろ
  • 少量でよく練られた文章を送れ
  • 正確に簡潔な文章を送れ

あなたはいつも信頼関係を築こうとするか、会うための約束をしようとするかどちらかだ。

女性とメールをするときは、目的をはっきりさせよう。

 

女の子に送るべきメールの内容と戦略

 

ホットメールとコールドメール

メールには2種類のメールが存在する。

それを知ることであなたが女に送るメールの内容を正しく決めることができる。

ホットメール

女があなたからメールが来るとわかっている、もしくはあなたのことを考えているときにするメール。

たとえば、あなたが友達と金曜日の夜にご飯を食べに行く約束をしたとしよう。

その日、最初メールが、「ちょっと遅れるから先にお店に入ってて」でもあなたはその意味や意図を理解できる。

コールドメール

女があなたからメールが来るのを知らない、もしくはあなたについて考えていないときにするメール。

たとえば、約束も何もしていないのにいきなり「ちょっと遅れるから先にお店に入ってて」と友達からメールがきたらどう感じるだろうか?

「あれ?間違えメール?」、そう思うはずだ。

 

ホットメールとは文脈が存在しているものであり、コールドメールは文脈が存在していないもの。

なぜこのように区別するのか?

それは女があなたと話すことに対してどれだけ準備ができているのかによって、まったく違ったタイプのメッセージをまったく違ったトーンで送る必要があるからだ。

今までしてきた女性とのメールを思い出してほしい。

「いま仕事終わった」「焼肉食べすぎた!」

いきなりそんなようなメールを送ったことがあるんではないだろうか。

女性からしてみれば、 「えっ、意味が分からない」「何を求めてるの?」「間違えメール?」

そう思ってしまう。

しかし、その前にメールをしていて「これから焼肉を食べに行ってくる」という内容のメールをしていたら、「焼肉食べすぎた!」だけでも十分に理解できるだろう。

コールドメールは適切に組み立てなれなければいけない

ホットメールはお互いに何ごとなのかわかっているから、端的な文章でも通じる。

しかし、相手が何ごとなのかを理解していない時に、はしょった文章を送ったら、意味が通じないので相手を混乱させてしまうのだ。

だから、コールドメールの場合には、相手にこちらの意図がしっかりと伝わるようにメッセージを組み立てようということ。

コールドメールは適切に組み立てられていないとこのような疑問を発生させてしまう。

 

コールドメールの4つのルール

あなたが女に会話の始まりになるコールドメールを送る時に(たとえば、2時間以上の間、メールのやり取りをしていない女に送る最初のメール。電話で話していたとして関係ない。)、いつも必ずメールに入れたい内容が4つある。

  • あいさつ
  • メールをする女のニックネームか名前
  • 新しい情報
  • 相手のことを気づかい、考えていると示す何か

これらの各それぞれが、文章から女が”あなたを感じる”大きなポイントになる。

それぞれポイントをおさえた文章を紹介しよう。

「あや、おはよう。昨日食べに行った焼肉屋さんおいしいなと思ったら、隣に寺門ジモンがいて納得した笑!あやの方はなにか楽しいことあった?」

  • あいさつ:「おはよう」
  • 名前:「あや」
  • 情報:「昨日食べに行った焼肉屋さんおいしいなと思ったら、隣に寺門ジモンがいて納得した笑!」
  • 思いやり:「あやの方はなにか楽しいことあった?」

 

名前は安心感を引き出す

会話の最初に必ず名前は入れよう。

メールでも電話でも、名前を言うことによって相手は安心感を得ることができる。

逆に、名前を言わなければ親密感のない他人行儀でややきつい印象のメールになってしまう。

 

絵文字とビックリマーク(!)は感情を伝える武器

絵文字とビックリマーク(!)を効果的に使うことによって相手にこちらの感情をうまく伝えることができる。

もちろん、文章が楽しげにかわいいものになってしまうと心配する人もいるだろう。

しかし、ピリオドマーク(。)しか使わない場合、それは相手に気難しい人だと感じさせるし、どこか冷たい人だと思わせてしまう。

もちろん、相手がこちらのことを理解するようになればそれでも気持ちは伝わるのだが、こちらのことをしっかりと理解するまで女はいちいち待ってくれない。

だから、あなたが新しく出会った女の子たちとすばやく仲良く親密になるには絵文字とビックリマーク(!)を使うことだ。

そして、相手に正しく感情を伝えすばやく親密になるためには、絵文字を文章の最後の方ではなく、最初の方で使うことだ。

(。)だけを使った場合

「あや、おつかれさま。やっと今週も終わったね。こっちは残業でまだ仕事だよ。」

絵文字、(!)を使う場合

「あや、おつかれさま!やっと今週も終わったね(‘ω’)こっちは残業でまだ仕事だよ…!」

 

情報と思いやりは必須アイテム

情報とはつまり、なぜメールをしたかという目的のことである。

これがないと、相手はなぜメールをしてきたのかわからずに混乱してしまい、あなたに返事をすることをためらってしまう。

なぜなら、意図がわからないメールは気持ち悪いし、めんどくさいからだ。

思いやりとは「大丈夫?」「この前の旅行はどうだった?」「調子はどう?」のように相手を気づかい、相手のことも考えていると示すことである。

そして、思いやりとは相手とこちらの心のつながりをつくるものである。

これがないと、相手は冷たいと感じてしまい、返信を返さない可能性が高くなる。

また返ってきたとしてもネガティブなものになるだろう。

 

第一印象と経過の影響力

以上のように見てきたポイントをしっかりとおさえれば、相手からかなりの確率で返信が返ってくるし、また内容もポジティブなものになるだろう。

しかし、これらはあなたに対する第一印象とすでにしてきたやり取りによって影響される。

すでにしてきたメールが最低なものだった場合は、時すでに遅しになってしまう場合もある。

いずれにせよ、しっかりと指摘した通りにメールを組み立てればほとんどの確率で好意的で広がりをもった返事が返ってくるだろう。

 

女の子に送るべきメールの内容と戦略

 

出会って最初にメールを送るタイミング

出会って最初のメールはすばやく送れ

あなたが女に出会って別れた後から、3~4時間後に最初のメールを送ることをお薦めする。

もしも、クラブやパーティー、ストナンなどで夜遅くに出会ったなら、寝る前には送っておこう。

長く待てば待つほど、コミュニケーションがぎこちなくなっていく。

遅いと勝手に妄想される

もしも、あなたがすぐにメールを送らなかった場合に相手の女は、あなたは私のことが好きなのか、もう一度会う気があるのか、あなたは実際と同じようにメールしてくるのか、会ったときはかっこよかったけどメールだと気持ち悪い文章を送ってくるのか、といったようにあなたのことについていろいろ考えて不安になってしまう。

だから、すばやくメールを送ることで、彼女に変な妄想をさせずに安心させてあげることができる。

 

出会って最初に送るメールのポイント

彼女に会えてよかったという好意を絵文字付きで伝える

相手はあなたが本当に会った時のままの人なのか、本当に好意を持ってくれているのか心配をしてしまう。

なので、相手に会えてよかったという好意を伝えることで安心させられる。

さらに笑顔の絵文字をつけることでその感情を相手に伝わりやすくさせる。

あなたの名前を入れる

あなたが会う人すべての名前を憶えているとしたら、それはすごいことだが、ほとんどの女性はそうではない。

女性はたとえ自分がかっこいいと好意を持った人であっても名前を忘れてしまっているものである。

そして、それは彼女たちをとても困らせる。

彼女たちは話している相手の名前がわからないという恥ずかしさに耐えられない。

そして、それがあなたとのコミュニケーションをためらわせることになるのだ。

だから、あなたの名前を最後に入れておこう。LINEで相手に名前がわかるとしてもだ。

名乗られることであなたの名前を呼ぶことへの抵抗が少なくなる。

返信がこない場合の対策

女にすぐにメールを送ったら、その日はもう会話はしない。

しかし、もしも相手から返信がこない場合は次の日にもう一度送ろう。

その時はコールドメールでのルールとテクニックを使ってうまく彼女を安心させてあげよう。

 

ラポールを作るメールの4つのポイント

ラポールとは相手と心が通じ合った状態、打ち解けあった状態を指す。

その状態をメールでつくるために女の子に送るべきメールのポイントを4つ紹介しよう。

簡潔

短文は長文よりはるかに返信が来る可能性が高い。

ポジティブなメール

だれも陰湿でネガティブな人は好きじゃない。

ネガティブで退屈で陰気な人からのメールだ、と彼女を怖がらせるな。

彼女を元気にするようなポジティブで元気が与えられるようなメールを送ろう。

メールを控えろ

もしも、あなたが相手の女といい感じのメールができていないとしよう。

たくさんメールをしてしまいたくなってしまうが、2,3通に我慢しよう。

そして、また1週間程度日をおいてまたメールをすればいい。

メールで一気に物事を変えようとしても、空振りに終わる可能性が大きい。

返信時間を気にする

返信時間が変わることは問題ないが、相手の女よりもあきらかに早く返信をするのはやめよう。

もしも、あなたがすでに恋愛の主導権を握っている場合はかまわない。

しかし、そうでない場合はあなたがほかのどんなことよりも彼女からのメールが大切で、ケータイのそばでメールを待っていると感じさせてしまう。

そう思われてしまったら、そこでゲームオーバーだ。

 

 

それぞれの役割を知る

これがメールの秘密だ。みんなが知らないこの秘密を知れば、あなたはメールマスターのようなものだ。

最も重要なことだから、しっかりと頭に叩き込んでくれ。

これで女の子に送るべきメールの内容と戦略が完璧になる。

実際にあった例からその秘密を学ぼう

 

~タカシがタイヤショップでタイヤを売っていたころの社長との会話~

社長「キミは何のために電話があるか分かるか?」

タカシ「タイヤをお客様に買ってもらうためですか?」

社長
「違う。スズキのような熟練のすぐれたセールスマンは電話でタイヤを売ることができるが、彼だってお客様が本当に何が欲しいかがわからない限りは電話でしつこく営業をしたりしない。キミが電話ですべきことはお客様をショップにきていただくようにするだけだ。電話で売り込むなんて至難の技だ。しかし、お客様をショップへきていただけるように導いたとしたら、彼らが店までの道のりをやってくる間に、彼らはここが自分のタイヤを買うべき場所だと決心し、顧客になってくれる。しかも、彼らはタイヤを買わないで帰るよりも顧客になってくれる可能性のほうがずっと高い。電話よりも、目の前に彼らがいるときのほうがずっとタイヤを売るチャンスがあるってことだよ。彼らを店に呼びなさい。」

メールと電話は会うためのツール

つまり、この話が伝えたいことは、メールや電話で口説くのは難しいが実際に会えば女を落とせる確率はずーっと高くなるということだ。

いいかえれば、もしもデートの約束をして会えたなら、彼女はあなたと付き合おうとする可能性が高いということだ。

実際、メールでは微妙なニュアンスを伝えることができない。

それに逃げようと思えば簡単に逃げられてしまうのがメールだ。

恋愛に必要な押しが使いづらいのもメールの欠点だ。

デートに誘うメールのポイント

  • シンプルで魅力的なデートに誘う
  • 目的からそれない

よく女性がデートの約束をするときに関係ない質問をしてくることがある。

しかし、それで道をそれるのではなく、本来の目的に目を向け続けなければいけない。

たいていの人が、デートに誘えない理由が、話がそれてデートの話がぽしゃってしまうことだ。

彼女の質問にさっさと答えて、そのまま会うことをプッシュしよう。

 

男:
あや、ご飯でも食べに行こうよ!今週はどうかな?

女:
今週空いてる~!そういえば、この前の話どうなったの?

男:
うまくまとまった!じゃあ、今種の日曜日の昼1時にしよう!渋谷のハチ公前で待ち合わせでどう?

女:
おっけー!

男:
じゃあ、日曜日(^_-)-☆

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ