なべおつ氏:「テクニック」より「センス」を磨け

なべおつ氏が提唱する通り「テクニック」より「センス」を磨かなくてはいけない理由は2つある。

  1. テクニックを使うタイミングがわからないから
  2. テクニックは廃れても、センスは廃れないから

どんな女性とどんな場面でもうまくいくためにはあなたのセンスを鍛えることが一番の近道なのだ。

今日はセンスを磨く方法を教えよう。

 

モテるために必要なのはセンス

なべおつ氏:女性にモテたいなら「テクニック」よりも「センス」を磨くべき理由!

から以下の文章を見てほしい。

どうして「モテるテクニック」は効果がない(あるいは逆効果になりうる)のでしょうか。

その理由は、モテるために必要なのは「テクニック」そのものではなく、その使い方を含めた「センス」にあるからです。

これはまさにその通りだと感心させられた。

テクニックを知ったとしても正しい文脈で使えなければ、ただのがらくたになってしまう。

たとえば、周りを笑わせてみんなからの信頼を集めるというテクニックがあるとする。

だからといって、まじめな会議の時にいきなりふざけだしたらそれは逆効果になってしまうでしょ?

ここでいうセンスとは、「行動→結果」の因果をシミュレーションできる力ということだ。

「ここでこれをしたら、こうなるな」

そう予測できるからこそ、この場面ではこのテクニックを使おうということになる。

センスとはいわば司令塔であり、監督だ。

どんなに優れた選手でも適材適所に配置されなければ機能しない。

 

センスを磨く方法

「見破る」というのは、その背後にある論理をつかむということだ。センスのいい人をただ漫然と観察したり真似するのではなく、なぜその人はそのときにそうするのか、「なぜ」をいちいち考える。これを繰り返すうちに、自分と比較してどう違うのか、自分だったらどうするか、と考えるようになる。自分との相対化が起こる。そうして自分の潜在的なセンスに気づき、センス磨きが始まる。疑似場数を踏むとはそういうことだ。

センスを磨くための方法として、紹介されているのが、見破るという行為だ。

見破るとはつまり、相手を表面的で点的な観点で見習うのではなく、立体的で線的な観点で見習うことだ。

「この流れできたらこうするんだ」

「自分だったらこの流れだとこうしたのになぜだろう?」

普段からそう心がけることで、テクニックという表面的なものではなく、根本的にどういう流れでどうすれば最もうまくいくのかを理解し、最短で習得することができる。

 

センスを磨くことを意識してナンパに取り組んでいこう。

本格的にナンパをするならここから
ナンパのやり方:パーフェクトガイド~最初から最後まですべての流れ~

 

1000人の女性をビチョビチョにした門外不出の恋愛秘術

お金はあっても女がいないじゃ人生は詰まらないですよね。

だけどもう安心してください。

新宿歌舞伎町でNo.1に上り詰めた伝説のカリスマホスト城咲仁の女をメロメロヘロヘロ骨抜きにする究極奥義を盗めます。

それも超初心者専用に簡単シンプル化された秘伝の奥義です。

次に可愛い子ちゃんと二人ベッドでぐっすり眠るのは『あなた』です!


伝説のカリスマホスト城咲仁の非常識な恋愛秘術を盗め!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ