ストライクゾーンは広くあれ!

ストライクゾーンは広くあれ!

今回は「ただでタダでナンパするぞえ!」というナンパブログから「ストライクゾーンよ!大海原の如く、広がれい!」という記事から知れる重要なポイントを紹介する。

 

ストライクゾーンが広くなければいけない理由

最も幸せなナンパ修行者は、とにかくストライクゾーンが広き者である。

ストライクゾーンが広いということは、それだけ多くから喜びを得られる
可能性が高く、喜びの源泉が広がっていることを意味する。これが逆に、
ストライクゾーンが狭いと、どうしても喜びの供給源が少なくて、苦労する。

やれ芸能人の誰に似てる、年齢~、身長~、なんて制限すればする程、ダメ。

かつて私も、ナンパに応じる人自体が軽くて嫌だと、ナンパしながら、せっかく
OKしてくれる相手を、同時に拒否し続け、自分の首を絞めていったことがある。

しかも、最高の女じゃないと嫌だと、どんどんストライクゾーンを狭めていった。

その先には不機嫌な日々から連なる破滅が待っており、徹底的に死んだのだ。

 

これはナンパ初心者が絶対に陥るものだ。

「せっかくだし、かわいい子がいいな。」

「あれはレベル低いから無理だ。」

バカヤロー!いつからそんなに偉くなったんだよといいたい。

あなたがキムタクや福山雅治ならそういってもまったく構わない。

しかし、スターでもないし、ナンパもうまくできない人がこういう姿勢だといつまでたっても成長しない。

もちろん、理想は失ってほしくないが、それはあくまでもまだまだ先だということを認識しよう。

Sランク美女というのは言えば、メジャーリーグだ。

リトルリーグに入ったばっかりのあなたではとてもじゃないが太刀打ちできない。

しかし、あなたが着実に積み上げていけば確実にたどり着けるというのが野球との違いだ。

何度も言うが、美女を連れまわしている男はたいていイケメンではない。

むしろ、なんでお前がというやつのほうが多いくらいだ。

その時が来れば必ずそうなれるので安心してくれ。

絶対数の減少

さて、理由として大きなものが絶対数が少ないということだ。

はっきりいって芸能人のような女性というのは1万人に1人とかそういったレベルだ。

つまり、街でナンパをするとしよう。

あなたがこれだという人に巡り合うまでに、9999人を見逃しているということになる。(多少、大げさだが)

時間も女も無駄にすることになる。

練習に最適

絶対数が増えるということはそれだけ、あなたが多くの女性にチャレンジできるということだ。

さらに、美女でなければなおさら精神的にいきやすくなる。

女性とより円滑にうまく対応ができる近道としてストライクゾーンを広げるのは最適の方法なのだ。

常に女性といることで磨かれる

たとえどんな女性だとしても、常に女性と遊んでいるという環境を創り出せることによって、自然と女性に慣れてくる。

そうなると、もはや女性と話すのが当たり前だし、むしろ会話や扱いのポイントがはっきりとわかるようになる。

だからこそ、どんな女性にたいしてもストライクゾーンを広げなければいけない理由である。

 

ちなみに、多くの女性にチャレンジすることで、あなたのことが好きで何でもしてあげるという女性がでてくるので楽しみにしていてくれ。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ