ナンパの声かけを下心を持ってしてはいけないヤバい理由

ナンパの声かけを下心を持ってしてはいけないヤバい理由

ナンパの声かけを下心を持ってしてはいけないヤバい理由を今日は教えよう。

この記事を読めば、下心ではなく何をもって声かけをすれば成功することができるのかを理解できる。

重要なことなのでしっかり理解しよう。

 

ナンパの声かけをするときの思いは顔に出る

3つがんばらないで売る!飛び込み営業マンのための営業トークというサイトの記事で

アプローチに失敗するのは、売り込みの気持ちが顔に現れているから!

という記事があった。

これはまさにナンパの声かけに当てはまることで、お願いだからさせてくれという下心をもったまま声をかけるとそれは相手の女性に伝わってしまう

たとえば、隠していたつもりでも

「なんか機嫌悪い?」

などといわれたことがあるだろう。

それと同じことはあらゆる感情をもっているときにも起こる。

だから、ナンパの声かけをするとき下心を持っているのはヤバいのだ。

 

ナンパの声かけは純粋な好奇心を持て

『ナンパをしようとしてるのに、声かけするときは下心を隠せなんてどういうことだよ』

そう思うかもしれないが、これから秘密を伝えよう。

まず、最初からナンパの声かけをする女性とやろうと思ってはいけない。
もちろん、そこは忘れてはいけないが女性を見て、やることを妄想してはいけない。

ナンパの声かけをする相手と純粋にトークを楽しもうなどといったように、純粋な相手への好奇心から入るのだ。

 

好奇心から入る理由

ナンパの声かけを好奇心から入るメリットというのは、女性を落とすために必要な要素をいつのまにか勝手に手にすることができるということだ。

それはいったいどういうことなのかといえば、女性を落とすということを考える必要がある。

女性を落とすのに決まりきった文脈など存在しない。

「これを言っとけば落ちるぜ」なんてことはないということだ。

たとえば、将棋をやるとしよう。囲碁でもなんでもいい。

相手の打つ手と関係なくいつも同じ場所に手を打っていたとしたらそれで勝てると思うだろうか?

もしも、あるテクニックを知っていたとしても、そのテクニックを使う場面でなければ一ミリも役には立たない。

つまり、相手の出方に対して戦略を立てていくことが女性を落とすということなのだ。

だからナンパの声かけは好奇心から入ると強い。

 

好奇心こそが女性を落とす必須アイテム

ナンパの声かけは好奇心から入ると、相手の手癖がわかるようになって有利になる。

手癖とは相手の性格や、こちらが言ったことに対してどのように反応するのかのパターンのことだ。

だから、ナンパの声かけは下心ではなく純粋な好奇心から入ることで女性を落とすための要素が勝手に手に入るのだ。

最悪なことにナンパの声かけは下心から入ると、相手とすることばかり考えてしまって相手を知ろうとしない。

早くできないかとか変な妄想をしてるだけになってしまう。

これでは絶対に女性を落とすことはできない。

これこそが、ナンパの声かけを下心を持ってしてはいけないヤバい理由なのだ。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ