ナンパ地蔵脱出:メンタルトレーニング

ナンパ地蔵を脱出するためのメンタルトレーニングを紹介する。

ナンパに限らず、あらゆるシーンで緊張や自分自身と戦わなければ

いけないことが多くある。

最高の力を出して困難を乗り越えるための方法を教えよう。

 

なりたい自分を明確に意識する

なりたい自分を明確にすることで、ゴールへの道筋が見える。

そして、常にそれを意識することでゴールへの道を進むことができる。

これを強烈にやっているのが、サッカー日本代表でACミラン所属の

本田圭佑だ。

 

なりたい自分を明確に描き出す

まずは自分がどうなりたいのかを描き出そう。

あなたにとってナンパは手段でしかないはずだ。

ナンパを通して、あなたはどうなりたい?

「モテたい」「自信を持ちたい」

こんなあいまいな描き方ではだめだ。

なぜあなたはモテたいのか?

なぜあなたは自信を持ちたいのか?

なりたい自分は具体的でなければいけない。

 

「心から愛しあえる彼女が欲しい」

「コミュ障の自分を克服して、自分の○○という夢をかなえたい」

ナンパを超えたあとの最終的なゴールを明確に描き出すことで

あなたはナンパをするための明確な意義を獲得できる。

そして、それが強烈なモチベーションになってくれる。

 

なぜナンパが必要なのか

そして、なりたい自分にとってなぜナンパが必要なのかを

明確に描き出そう。

女と出会うだけなら、ナンパ以外にも多くの方法がある。

なぜ、ナンパでなくてはいけないのか。

そして、ナンパがなぜあなたに必要なのか。

いますぐ書き出してみよう。

 

常になりたい自分でいる

http://toyokeizai.net/articles/-/11838?page=2

この記事で、本田圭佑が行っている習慣が紹介されているが秀逸だ。

 

「普段からカメラで撮影されているように振る舞う」

「普段からTVカメラで撮影されているみたいに振る舞うんですよ。すると、その状態の自分が、自然に本当の自分になっていく。そうしたらホンマにカッコいい本田圭佑ができあがるんです」

 

これがまさになりたい自分になるためのミソだ。

一流のビジネスマンというのは、驚くと思うが、OnとOffがない。

何をしていても、自然とビジネス思考になってしまう。

彼らも、仕事のことについて四六時中考えているうちに自然と

そうなってしまうのだ。

 

だから、あなたもなりたい自分のように常に振る舞おう。

それを繰り返していけば、苦ではなく、自然体のあなたが

理想の自分になれる。

 

メンタルトレーニング

さらに、あなたの折れそうな心を強くするためのメンタルトレーニングを紹介する。

 

イメージトレーニングで潜在意識に働きかける

http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/mentaltraining/05/p2.html

メジャーリーグで活躍している川崎宗則が実際にスランプから立ち直った方法がある。

それは彼と同じように俊敏性を特徴とする、野性のチーターの映像を見たり

当時全盛期だった、ロナウジーニョの華麗なプレーを見るというトレーニングだ。

このイメージトレーニングをすることによって、間やリズム、テンポなどを脳に体験

させることができる。

たったそうすることだけで、失った感覚をまた取り戻すことができたのだ。

 

だから、あなたもなりたい自分のように振る舞っているドラマでも映画でも、動物でも

なんでもよいので、映像をみてイメージトレーニングをしよう。

そこから、あなたのなりたい理想像がどのようにしゃべって、振る舞っているのか

一体モノゴトをどのように捉えているのかを体得しよう。

そうして、潜在意識に働きかけることで理想の自分になれる。

 

大儀見浩介のメンタルトレーニング方法

なでしこジャパンの大儀見優季選手の旦那さんであり、メンタルトレーナーでもある大儀見浩介氏のワンポイントメンタルトレーニングをご紹介。

緊張した時に効果的なのは深呼吸をする

 

やる気を高めたいときに効果的なのは目標を考える。

夢のような目標から逆算して、目の前にすべきことを考える。

 

気持ちを切り替えたいときに効果的なのは、ポジティブな独り言をつぶやく。

 

自信をつけたいときにやってはいけないことは、成功のことを考える。

成功や勝利からくる自信は崩れやすい。一回のミスですべてが崩れてしまう。

自分の長所などから自信をつけること。

 

リラックスしたいときに効果的なのは、息を止めてから吐く。

息を吸ってから、止めて緊張状態ををつくる。そのあとに吐き出して緩和させることでリラックスすることができる。

 

気持ちをのせたいときにしたほうがいいのは、音楽を聴くか、とりあえずやってみる。

とりあえずやると、作業興奮というものが生まれてやる気が出る。

 

集中したいときにしたほうがいいことは、視線を固定する。

一点を見つめることで集中力を高めることができる。

 

ミスをしたときにしてはいけないことは、ミスを忘れること。

ミスについてしっかりとフィードバックをすることが重要。

 

本番前にするイメトレで理想的なものは、対応策のイメージトレーニングをすること。

相手がこうきたら、こうしようということをあらかじめ対応策をイメージトレーニングをしておく。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ