嫌いなブスを抱くための方法

嫌いなブスを抱くための方法をお届けしよう。

ナンパをしていると、ゲテモノに出会うこともある。

しかし、据え膳食わぬは男の恥だ。

とにかく、経験をするために戦わなければいけない。

そんな時を乗り越えるための必勝法を教えよう。

 

まじめに考えるな

現地で出会って、そのままどこかへ行くなら、まだ気分は違う。

しかし、連絡先を交換して再びブスと会うとなると

以上な倦怠感や、憂鬱感がでてくる。

 

しかしそれでも貴重な一穴であることには変わりない。

だから、がんばって待ち合わせ場所に向かのだが

辛くて仕方がないだろう。

向かう途中で帰りたくなるかもしれない。

 

しかし、そんなにまじめに考えるな。

あなたが嫌な気がするときは、相手が大好きだ。

これは不思議なもので、自分が嫌だなーと思っている相手は

逆に、こちらにぞっこんというパターンだ。

 

だから、まじめに考えるな。

てきとうにいこう。

むしろ、いつもではできないようなとんでもないことを

するチャンスなのだ。

かわいい子だと、リスクがあってできないとんでもプレイを

そんな子となら悪気もなくできるだろう。

 

一杯飲んでから行こう

どうにもこうにも、本当に行かない時がある。

彼女が風邪で中止になってくれないかな。

電車が止まってくれないかな。

本当にそう思うときがある。

 

そんなときは先に一杯飲んでからいこう!

男というのは不思議なもので、何杯かお酒を飲んで

お酒がまわりだすと、女の子がかわいく見えてくる。

どんなブスでも酔えば、愛おしく思えてしまうのだ。

 

だから、少しお酒を入れてからいこう。

私の場合は、2,3杯立ち飲み屋で一気飲みする。

そこで、お酒が少しまわったら準備はOKだ。

 

むしろ、その日の夜を想像して、心が躍ってくるはずだ。

 

 

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ