ネグというテクニック

今日は、ネグというテクニックが一体どんなものなのかを紹介しよう。

ネグとはずばり、いじりや意地悪といったニュアンスだ。

これを知ることで、女性の気持ちを揺さぶり、コントロールすることができる。

 

小さな意地悪をする

ネグというものを理解する上で、間違ってほしくないことがある。

それはネグとは怒ったり、相手を本気で陥れたりすることじゃないということ。

ネグという言葉がついているから勘違いをしてしまうのかもしれない。

ネグというのは秘密のテクニックではないし、知らなくてもやってる人はたくさんいる。

 

ここでたとえを見て理解を深めていこう。

 

声掛け

あなた「君ほんとにかわいいよねー」

女「知ってる!」

あなた「爬虫類史上もっともかわいいわ~」

女「バカにしてんの?(笑)」

 

カフェでのトーク

あなた「さやかちゃんは仕事場の上司とどうなの?」

さやか「いや、まじでうざいんだよね!この前お茶にごみ入れてやったもん!」

あなた「うわ、お前最低だわ。お前みたいな人間がいるからダメなんだよ。」

さやか「えっ。。。ひどくない?そこまでいう?」

あなた「うそだよ、冗談!(笑)」

 

このように、相手をいじったり、意地悪をしてみるのがネグというテクニックだ。

まだやった事がない人がいたらすぐにやってみてほしいが、

このテクニックはうまく使えば恐ろしいほど効果を発揮する。

むしろ、このテクニックなしのゆるいだけのトークでは即なんて絶対不可能だ。

 

相手のペースを壊す

ネグというテクニックがなぜ効果絶大なのかといえば、それは明快だ。

ネグは相手のペースを壊すことができる。

”男に持ち上げられて、そうしたらこう返して”そんな戦略を女は頭に持っている。

そしてその戦略の目的は、いかに男をいいように使えるかということだ。

 

しかし、自分がいじられるとなると途端にペースを壊す。

焦りと自尊心の防衛が忙しく働きパンクする。

自分がいじられるなんて想定外だからだ。

 

男なんてどうせ、ヨイショしかしてこないでしょとしか思っていない。

だから、さらに自分をいじってくる人を特別だとも感じてしまう。

 

そして、相手のペースが壊れると一種のトランス状態に入る。

つまり、我を失うのだ。

そうなったら、こちらの勝ちになる。

 

あとは、あなたが導きたいところに相手を導き出せばいい。

ネグというテクニックは正しく使えば恐ろしく強力な武器になる。

 

1000人の女性をビチョビチョにした門外不出の恋愛秘術

お金はあっても女がいないじゃ人生は詰まらないですよね。

だけどもう安心してください。

新宿歌舞伎町でNo.1に上り詰めた伝説のカリスマホスト城咲仁の女をメロメロヘロヘロ骨抜きにする究極奥義を盗めます。

それも超初心者専用に簡単シンプル化された秘伝の奥義です。

次に可愛い子ちゃんと二人ベッドでぐっすり眠るのは『あなた』です!


伝説のカリスマホスト城咲仁の非常識な恋愛秘術を盗め!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ