潜在意識とは何か

潜在意識とは何か。

人間の行動はすべて潜在意識に支配されている。

潜在意識を理解することで、秒速で女性を落とせるようになる。

 

人は潜在意識に支配されている

潜在意識がいったいどのようにあなたを支配しているのかを理解しよう。

 

人はなんとなくで行動をしている

あなたが特に何が食べたいわけでもないが、ご飯を食べようと街を歩いているときに、なんとなくこの店がいいなとお店を選ぶ。

同じような服なのに、なんとなくまた買ってしまう。

人が何かをしたときに、良いか悪いかもなんとなく判断している。

そして、理由がわからなくても、なんとなく人を好きになるのだ人間だ。

 

朝の通勤だってわざわざ考えて歩いているわけではない。

何も考えずとも、勝手に駅まで足が進んでいる。

 

このように、人間というのはほとんどのことを意識の外で行っている。

それが潜在意識というものだ。

 

潜在意識に振り回される

さらに潜在意識というものの存在を明確に感じるための例を挙げよう。

あなたが誰かとケンカしたとしたら、いくら気を取り直そうと意識してもイライラがおさまらないだろう。

あなたが大好きな彼女に振られたとして、気持ちを切り替えようと意識しても悲しみがおさまらないだろう。

あなたがみんなの前でスピーチをするとして、あなたがいくら心を落ち着かせそうと思っても、その緊張感は増すばかりだろう。

 

このように、あなたの意識の力と比べて、意識で制御できないほど潜在意識は強力な力を持っているのである。

実際、意識は5%で、潜在意識が95%を司っているとされている。

 

アスリートにとっては常識

だからこそ、アスリートは当たり前のようにメンタルトレーニングをする。

それも体を使ったトレーニングと同じくらいの重きをメンタルトレーニングにも置く。

本番でのパフォーマンスは潜在意識にかかっているということがわかっているからこそなのだ。

 

誰もが催眠術にかかっている

ほとんどの人間が催眠術を疑い、そんなものを存在しないと思っている。

しかし、実はだれもが催眠術と同じようなことを体験しているのだ。

 

時間の歪曲

催眠術では感じる時間の長さを変化させる。

同じようなことを私たちは既に体験している。

恋人や友達といる楽しい時間は3時間でも5分のように感じた。

一方、つまらなかった学校の授業や嫌いな人といる時間は5分でも3時間のように感じた。

これこそまさに一種の催眠にかかっているのだ。

 

固定概念

論理的にも、道徳的にも正しくなくても、それを良しとされてきた環境では、考える隙すらなく正しいとされる固定概念がある。

分かりやすく説明しよう。

 

たとえば、イスラム圏の国では一夫多妻制の国がある。

しかし、日本は一夫一婦制だ。

日本人からすれば、イスラム圏の一夫多妻が非常識に感じるが、あちらからすれば日本こそ非常識的に感じるだろう。

そして、何が怖いかといえば、論理的に考えた結果相手の制度がおかしいと思うのではなく、自分たちの常識と違うからおかしいと思うのである。

これは実のところ、一種の洗脳にほかならない。

 

潜在意識こそ催眠術のカギ

この時間の歪曲も固定概念という一種の洗脳も、すべては潜在意識によってなされる。

結局、行動や感情というのは潜在意識によって引き起こされているといっても過言ではない。

 

逆に言えば、潜在意識に働きかけることができれば、人の行動や感情をコントロールすることができるということだ。

これを良い方向で使うのが、催眠療法である。

そして、これを悪い方向で使うのが、カルト教団である。

次回は、この潜在意識に働きかけて、相手を思いのままに動かすための禁断の方法を教えよう。

 

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ