ナンパは無理を打破する簡単な方法

ナンパは無理を打破する簡単な方法を特別に大公開。

ナンパを無理と思わせる原因は実はあなた自身の行動にあった。

本気で出会いが欲しいなら、このスーパー簡単な方法を知ってくれ。

 

余裕をもって1日使ったけどまったくだめだった

ナンパなら出会いを手に入れられて、かわいい彼女ができる。

そんな希望を胸に秘めて、いざナンパをしようとしてもまったく無理だった。

丸々1日も使ってみたけど、話しかけることすらできずに、みじめな思いで家に帰った。

 

こんなことは世の中で日常茶飯事です。

ナンパをしようと頑張れば頑張るほど、精神的につらくなってきてギブアップ。

そして、ナンパなんて無理に決まってるだろうとあきらめる始末に。

 

成功者はイケメンだと思いますか?

違うんです。

成功者は人より多く女性に声をかけている男たちなのです。

 

規模の力

1週間に1回ナンパするイケメンと、1日20回ナンパするフツメンではどちらがより多くの女性に恵まれていると思いますか?

どう考えても1日20回ナンパするフツメンですよね。

これはもう統計的な話になってきますが、初心者の成功確率は10%程度です。

ただのイケメンで20%、女に対する正しい扱い方を理解している男で30%

これがナンパの現実です。

これをどうとらえるかはあなた次第です。

 

たとえば、毎日20回ナンパをしているフツメンは一か月間で600回ナンパをしています。

{20(一日)×30(月の日数)=600回}

成功率を10%だとすると彼はなんと月に60人もの女性と連絡先を交換するなり、遊んでいるなりしているわけです。

 

一方、1週間に1回のイケメンは1か月で4人をナンパしています。

成功率が20%だとすると、彼は月によくて1人の女性と連絡先を交換するなり、遊んでいるなりしている程度です。

 

あらためて、数をこなすのがいかに大切で、偉大かがわかったと思います。

いくらイケメンで女性から寄ってくるとしても、月に60人なんて到底無理です。

つまり、イケメンを打ち負かすチャンス十分にあるということです。

 

数をこなせないから困っている

とはいっても、数をこなせないからナンパは無理と思っているわけで。

そんなこと言われたところで、数をこなすこと自体が夢だと思っているわけで。

そんな方法があるなら教えろと思っているわけで。

 

そんなあなたの声にお応えして、数をこなすための方法をこれから解説していこう。

 

自由ゆえに死ぬ

ナンパが無理といっている人がなぜそうなってしまうのかの大きな原因は自由にあります。

自由こそ悪なのです。

 

自由ということは話しかける相手を全女性から選ばなければいけない。

自由ということは何時間ナンパをすればいいのかもてる限りの時間から考えなければいけない。

自由ということはどこでナンパするのがいいのか全場所から考えなければいけない。

自由ということは女性とどこまで関係を進めればいいのか連絡先交換からホテルに行くまでを考えなければいけない。

自由ということはどんなトークをすればいいのかすべての選択肢から選ばなければいけない。

 

つらくなってきたでしょ?

自由ってこんなにつらいんです。

右も左も分からない初心者が最初からこんなに多くのことを瞬時にこなせると思いますか?

間違いなく混乱してパニックに陥ります。

だから、自由は悪だと言っているんです。

 

コミットメント:不自由になれ

成功はむしろ逆にある。

あなたがナンパが無理から卒業するためには不自由になることです。

ナンパに対してコミットメント(制約、責任)をつけるのです。

 

時間制限

まずナンパをする時間を前もって明確に決めておこう。

初心者なら30分か60分で十分だ。

 

場所制限

ナンパを渋谷ですると決めたとしよう。

ここで終わってしまうからダメなのだ。

”渋谷のタワレコ前”などと具体的に場所を決めることで、あっちがいいとかこっちの方がいいという迷いを消すことができる。

 

目標制限

初心者なら連絡先を聞くという目標に絞ろう。

目標を制限することで余計な下心を殺すことができる。

 

女性制限

話しかける女性のタイプを決めよう。

ターゲットが多すぎると混乱してしまう。

それから、かわいいか、かわいくないかを要素に入れると必ず失敗する。

なぜなら、そこは非常にグレーゾーンで、吟味しないとわからなかったりするからだ。

以下の二つのどちらかか、組み合わせた制限を前もって決めておこう。

 

系統

ギャル、キレイ系、清楚、あなたの好みに合わせて設定しよう。

身長

低身長、平均、高身長、あなたの好みに合わせて設定しよう。

 

一人でいる女性限定

1人でナンパしに行くなら間違いなく一人でいる女性限定にしよう。

一人でいる女性は暴言を吐かないし、反応も複数に比べて良い。

 

会話制限

会話で使う言葉や話題を前もって決めておこう。

自分でデッキを作って、その中でやりくりするのだ。

 

声掛け

声掛けなんて意味がないと思って大丈夫だ。

時間帯に応じてどちらかを使えば十分。

「こんにちは」「こんばんは」

そのあとに「なにしてるんですか?」と聞くと決めておこう。

 

話題

  • 「なにしてるんですか?」で返ってきた事柄について
  • 仕事について
  • 相手の身につけている服やモノについて

上の3つのカードをすべて使い切ったら、相手と仲良くなっていようが、そんなにうまくいってなかろうが関係なくLINEを聞こう。

メールや電話番号ではなく、LINEを聞いた方が教えてくれる確率が高い。

 

ナンパなんて絵をなぞるだけでもできる

相手がどうだろうととにかく決まったことをやる。

こんなに不自由で楽な方法はないだろう。

決まりきったマニュアル通りにやることは、自由はないがその代り簡単だし心の負担も少ない。

いきなり、絵を描いてくださいと言われても描けないが、絵をなぞってくださいなら誰にでもできるだろう。

 

最初はこれでいい。

数をこなす中で、女性に話しかけることに慣れることが第一だ。

そして、そんな陳腐な方法でも女性がLINEを教えてくれるという事実を身をもって知ってほしい。

何かすごいものだと思い込んでるうちはナンパがすごいものに感じるが、対してものじゃないと思えるようになれば、ナンパなんて気軽で楽しいものなのだ。

ナンパは無理を打破する簡単な方法をあなたはもう知った。

あとは行動あるのみ。

 

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ