ナンパの声かけで絶対に破ってはならない5つのルール

ナンパの声かけで絶対に破ってはならない5つのルール

ナンパの声かけで絶対に破ってはならない5つのルールがある。

声かけをしたときにあなたは変人だと思われて避けられているかもしれない。

絶対に破ってはいけない5つのルールを破るとあなたは必ず失敗する。

 

女性目線で見るナンパの声かけ

なにやら男があちらから見てきた。

じろじろ見てるかと思うと、こちらに向かってよろよろ歩いてきた。

そして少し歩くと止まって、うつむき始めた。

そうかと思うとまたよろめきながら歩いてきた。

もぞもぞして弱く少し震えた声で、話しかけてきた。

「なにしてるんですか?」

恐怖のあまり、叫んで逃げ出した。

 

あなたに心当たりはあるだろうか。

これが全くダメな男の声かけの真実だ。

ナンパで声かけするつもりが完全な変質者になっている。

なぜあなたがナンパで声かけをしたときに女性が逃げていくのか。

それはあなたが変質者のように見えるからかもしれない。

 

正しいナンパの声かけ : 絶対に守るべき5つのルール

あなたが男として、正常な一般人として女性に受け入れるための正しいナンパの声かけルールを覚えよう。

3秒ルール

ナンパで声かけをするとき、じろじろ見てはいけない

あなたが女性を見れば見るほど、相手は恐怖を感じる。

あなただって、知らない人にじろじろ見られれば見られるほど気味が悪くなってくるだろう?

だから、見てしまったら3秒以内に行くかどうかを決心しよう。

 

真っ直ぐ進め

ナンパの声かけ時に、変に弧を描くように歩いたり、よろよろ自信がなさそうに歩くのはやめよう。

あなたのもとに、変に遠回りをしてやってきたり、よろよろ歩いてくる人がきたらどう思う?

怖くてたまらないはずだ。

ナンパの声かけの正解は、相手の女性に向かって真っ直ぐ進もう、だ。

 

一点を見よ

ナンパの声かけをするとき、キョロキョロしながら相手に近づいていくな

あなたのもとに、周りをキョロキョロ見ながらやってくる男がきたらどう思う?

ドラッグでもやってるのではないかと恐怖するだろう。

相手に向かって歩いていくときは、真正面を向いて顔を少し上げる。

そして、キョロキョロせずに、一点を見よう。

 

決して止まるな

ナンパの声かけをするターゲットを決めて、歩き出したら相手に話しかけるまで決して止まってはいけない。

あなたのもとに人が近づいてきて、いったん止まって、また近づいてきたらどう思う?

なにか企んでいると思って怖いだろう。

歩き出したら、止まってはいけない。決してだ。

 

話しかけるときは相手の顔を見ろ

ナンパの声かけで、下を向きながら相手に話しかけてはいけない。

あなたのもとに人が近づいてきて、下を見ながらあなたに話しかけてきたらどうだろう?

まず間違いなくコミュ障だと思われる。

その時点で異性の対象から外されるし、はっきりいって女性はドン引きだろう。

なにより、なにされるかわからないという恐怖でいっぱいになる。

話しかけるときは必ず相手の顔を見て話しかけよう。

 

 

以上の5つのルールさえ守れば、あなたのナンパの声かけに対して女性は誠実に対応してくれる。

すなわち、異性として判断してくれるのだ。

変質者で終わってしまっては勝負にすらならない。

ナンパの声かけでは、この5つのルールだけは絶対に破ってはいけない。絶対にだ。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ