女をもてあそぶ禁断の魔法

女をもてあそぶ禁断の魔法を解放しよう。

適当男たちがなぜあんなにもモテるのかには裏があった。

どんな女性も落としまくれる秘密を公開しよう。

 

適当男がなぜかモテる

世の中には適当男がたくさんいる。

あなたの周りにもきっといるだろう。

そして、女をもてあそぶ羨ましくて憎たらしいやつもそんな適当男だ。

 

適当男はこんな風に女性に言い放つ。

 

「オレの右脳が君を愛しているみたいなんだよ」

「付き合おうか、今日で締切みたい」

「ホテルに行きたいっていうより、ホテルで君に会いたいんだよね」

 

まじめな男なら、そんなこといったって意味が分からないじゃないかと怒るだろう。

しかし女性の感じ方は違う。

なんなのこの人は、訳が分からない。けどなんかステキ。

 

無責任な発言と、女を惑わす言動で、次々に女性を口説き落としてはすぐにほかの女へと手を伸ばしていく適当男たち。

今日は、この適当男たちが使っているトリックを明かしたいと思う。

そして、それを使えばあなたも彼らのように、女をもてあそぶ男になれる。

 

完全防備のバリアーにあたっていく

適当男が適当な言動を繰り返す中で、あなたは女性に対して真摯に対応してきただろう。

「デートをしてくれませんか」

「好きです、付き合ってください」

「ぼくとホテルへ行きませんか」

しかし、何をやっても鳴かず飛ばずで散々な結果に終わったことも多いのではないか。

 

それもそのはずで、紳士的でステキな男を気取っているのかもしれない、あなたがやっていることは愚の骨頂なのだ。

たとえれば、閉ざされた強固な門に体当たりをし続けているようなもの。

たとえれば、天才的ホームランバッターに、ど真ん中のストレートを投げ続けるようなもの。

たとえれば、FKで真っ直ぐなボール蹴り続けているようなもの。

 

確かに可能性はゼロではない。

しかし、それはとても効率が悪いのだ。

もしも、あなたが門を超えて向こう側に行きたいときに、強固な門に体当たりし続けるだろうか。

天才的ホームランバッターを打ち取るならどうする?

FKでゴールを決めるならどうする?

 

恋愛はあなた一人でできるものではなく、相手がいて、相手の心があることをいま一度考えてほしい。

あなたの気持ちが動くから女性があなたを好きになるのでなく、女性の気持ちが動くからあなたを好きになるのだ。

そう考えると適当男がやっていることは、もはや適当というより正確ですらある。

 

意味不明という催眠術

適当男が自然とやっているテクニックを正確に明かしていこう。

それは一種の催眠術である。

催眠術なんてオカルトだろと思っている方は勘違いをしていて、ここでいっているのは心理療法の中の催眠療法という学問に基づいた技術の話である。

実際に心の病を治す技術として医療現場で活用されているものである。

催眠術の詳細なことは、潜在意識を操作する方法で確認してほしい。

 

以下が催眠術の簡単な仕組みになる。

人間には潜在意識と意識があって、潜在意識(=王様)が行動を決定し、意識(=近衛兵)が外からの刺激に対して防衛をしている。

潜在意識(=王様)は意識(=近衛兵)によって外からの刺激から守られているが、もしも潜在意識(=王様)に接触できれば、どんな願いもかなえてくれる。

つまり、もしも意識を止める(思考停止)ことができたら、潜在意識(=王様)に会って望みをかなえてもらえることができるのだ。

これが催眠術全般の基礎となっている理論である。

 

混乱して思考停止

適当男がやっていることは説明しよう。

 

「オレの右脳が君を愛しているみたいなんだよ」

「付き合おうか、今日で締切みたい」

「ホテルに行きたいっていうより、ホテルで君に会いたいんだよね」

 

そんなことを言われたら女性はまず混乱する。

言いたいことがわからない。

だけど、なんとなくステキ、引っかかる、なにか意味があるのかも。

そうなると思考停止がおきる。

つまり、意識(=近衛兵)が止まってしまい、あなたの言葉が潜在意識(=王様)にたどり着くのだ。

 

混乱をしていると、人の言葉を無抵抗に受け入れる。

たとえば、あなたがつまづいたときに、人がいれば誰であろうとつかもうとするだろう。

それと同じで、混乱しているときはどんな言葉でも無意識に受け入れてしまうのだ。

 

女をもてあそぶ魔法の使い方

それではこの魔法を使うためのポイントをおさえよう。

 

  • 明らかにばかばかしいことは言わない。
  • 堂々と、そして淡々という
  • 意味ありげに言う

 

ちなみにこのテクニックを使った私のエピソードがあるので紹介します。

 

昔二股をしてきたときに、一方の彼女にばれてしまった。

彼女は電話で泣きながら、「どっちを選ぶの?」と迫ってきたときに私は言った。

「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン♪そう、1位なんて目指さなくていいんだよ。お前は特別なオンリーワンの存在なんだから。」

驚くことなかれ!

これで相手は納得してしまったのだ。

相手も混乱して思考停止したのだが、それ以上に私が驚いて混乱した。

えっ、通じるのこれ!?

実証済みの強力なテクニックであるので、ぜひ使っていただきたい。

この魔法をつかいこなせば、あなたも適当男のように女をもてあそぶモテ男になれる。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ