好意を拒絶されず伝える方法

好意を拒絶されず伝える方法がある。

女性に拒絶される恐怖を取り去り、相手に無抵抗に好意を受け入れさせる究極の方法だ。

あなたが本当に結ばれたい人がいるなら、今すぐ実践すべし。

 

好きと伝える恐怖

相手に好きと言ったり、それに近いことを言うというのは相手に拒絶されるんじゃないかと思って怖くなってしまいますよね。

せっかく積み上げてきた関係が、その一言で崩れ去ることもあるわけです。

 

あなた「君のこと好きなんだよね」

女性「えっ、、、ごめん」

 

あなた「きみのそばにいたいな」

女性「えっ、、、無理」

 

しかし、好意を伝えることなしにはことは進まないわけです。

あなたの好意が伝わることがなければ、相手があなたに恋心を抱かないからです。

もちろん、あちらから好きになってくれればいうことがありませんが、なかなかそううまくはいきませんよね。

 

無責任な恋愛サイト

そんな中、どうしたらいいか悩んで恋愛系のサイトをたくさん見て回ったでしょう。

しかし、どこも書いてあることはたいてい一緒。

 

「あなたの気持ちを素直に伝えることが女性にとって一番うれしいんです。」

 

それができないから悩んでるんだろ!ボケ!

そういいたくなる気持ちも分かります。

 

だいたい、女性というのはあまのじゃくの典型ですから、言葉と感情は裏腹なわけです。

女性が薦める好意を伝える方法は、ストレートに気持ちを伝えることかもしれません。

しかし実際は、男性がそれとなくもじもじしだして、好きと伝えると、男性を好きでない限り女性は引きます。

面と向かって言われる女性からすると、リングのコーナーに追い詰められたような圧迫感を感じてしまうのです。

もちろん、女性があなたに好意を持っているなら、ストレートに伝える方法で全く問題ないですが。

 

ノーリスクで女性に好意を伝える方法

それでは生ぬるい恋愛サイトとは一線を画すナンパライフMAGAZINEだけのとっておきの好意を伝える方法をお教えしましょう。

これから教える方法はいっさい、ノーリスクで女性に好意を伝えることができます。

そして、それが必ず近い将来の女性からの好意に繋がる布石になります。

 

メタファー(比喩)で伝える

メタファーを使って伝えると絶対に拒絶されることなく、そしてなめらかでナチュラルに、女性に好意を伝えることができます。

それでは、まず一例を見ていただきましょう。

 

(女性に飼っている犬の画像を見せる)

「これうちの犬なんだけどさあ、飼ってからもう何年になるんだろ。4,5年くらいたつのかな。最初にペットショップで出会ったときに、もう衝撃的な出会いでさ、一目ぼれしちゃったんだよね。それで飼いはじめたんだけど、飼ってみたら、こいつかわいいくせに結構、気が強くてね。しかも、食べ物に貪欲でさ。太るからやめとけって言ってんのに、ぱくぱく食べるんだよ!だけど、そんなところもかわいくてね。本当に愛してるんだよねー」

 

このように何か実在のものをつかって、比喩として相手への思い、好意を伝える方法だ。

この例では犬を比喩にして、女性に好意を伝えている。

このテクニックの素晴らしいところは、比喩をカモフラージュにして相手に答えを与えないところだ。

女性が、「あれこれもしかして私のことかな」と思っても、あなたが語っているのはあくまでも犬のこと。

グレーゾーンゆえに相手は意識上では拒絶も受け入れることもできない。

 

しかし、潜在意識の部分では違う。

潜在意識は、つまり彼女の心の奥は無抵抗に好意を受け入れる。

相手は愛されているときの温かい感覚を感じてしまうのだ。

この方法は、好意を拒絶されずに無抵抗に潜在意識に受け入れさせる、とんでもない方法なのだ。

だから、このテクニックは最強なのだ。

 

告白

好意をうまく相手に伝える方法を知ると、女性とどうしたら付き合えるかも気になるだろう。

もちろん、メタファーを使った結果、相手からの情熱を感じたなら、思い切って告白するのがよい。

とはいえ、ストレートに告白するのはちょっとなと考えていたり、何かいい方法はないのと思われる方もいるだろう。

 

あるよ。

 

告白を実らせるための強烈な方法を知って、あの女性と結ばれよう。

 

追伸:

診療室に革命を起こした精神科医が発明した心理操作術を私の先生が入手しました。

先生は恋愛に転用して女性に自分で自分を心理誘導させる卑怯なテクニックを開発しました。

関係破綻寸前の冷え切った関係からV字回復を成し遂げ、好きな女性をヘロヘロに惚れさせる方法をまとめた音声を先生が公開しているのでぜひご覧下さい。

秘密裏に女性をヤリたい放題心理操作する恋愛柔術とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ